収入証明書不要キャッシング

収入証明書不要のキャッシングならココ!

収入証明書不要キャッシングは消費者金融などの融資は50万円までなら収入証明書はいりません!
50万円を超える借入には収入証明書を必要とする金融機関が多いので確認してから申込んで下さい!

三菱UFJフィナンシャルグループのアコム

三菱UFJフィナンシャルグループのアコム!50万円迄の借入なら収入証明書不要で融資が受けられます。初めての利用なら30日間利息ゼロ!申込みから審査結果まで最短30分スピーディー!スマホで24時間・365日申込み可能ですよ!

 

安心キャッシングならアイフル

アイフルはスマホから申込みが可能でキャッシング初心者にはおすすめの消費者金融です!50万円迄の融資なら収入証明書が不要です!申込みから融資まですべてWEBで完結!審査結果も最短30分で分かるのでお急ぎの方にお勧め!

 

 

キャッシングを目的別で選ぶなら!

 

収入証明不要で借りるキャッシングはこちら!

即日融資キャッシングのランキングはこちら!!

無利息で借りるキャッシングならこちら!

女性用キャッシングならこちら!

キャッシングの総合ランキングはこちら!

 

 

 

収入証明不要のキャッシングで借りる!

 

キャッシングを利用しようとした時に、収入証明書の提出を求められることがありますし、求められないこともあります。収入証明書が必要なキャッシングは、基本的に、借りる金額が高額になれば求められます。

 

それぞれ銀行系、貸金業者などによって、条件は異なってきますが、高額な借り入れをする場合は提出を求められる可能性が高いです。また、求められる書類は、源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書などです。給与明細書の場合は数ヶ月分が要になってきます。

 

発行年月、氏名、勤務先名、総支給額が明記されていることが大切ですが、手書きである場合などは、勤務先の社印がおされていることが求められる場合があります。

 

その他、税務署受付印または税理士印、電子申告の受け付け日時、受付番号の記載がある確定申告書や青色申告決算書、収支内訳書などでもよいです。報酬、料金、契約金などの支払調書、所得証明書、年金証書などの提出でも良いでしょう。

 

但し、年金証書の場合は、年金以外に定期的な収入があることが条件になってきます。収入が年金のみである場合は、キャッシングを受けられない可能性がありますので、注意するようにしましょう。これらの書類はすべて原本を提出するのではなく、コピーを提出することになります。

 

収入証明書不要キャッシングの借入条件とは?

 

無人かつ即日の融資も可能という触れ込みを最近よく見かけるキャッシングやカードローンですがその審査にともない各種書類が必要となってくるのはご存知かと思います。この必要書類のうち収入証明書が必要になるところも少なくありません。

 

これはなぜかというと返済能力を判断する目的に加え総量規制で制限されている金額以内であるかという部分を見なければいけないためです。このうち総量規制とは賃金業法によって定められており年収の三分の一までの貸し付けしか行うことができないというものですのでつまりは借り入れ総額が総量規制の制限を超えることができません。

 

しかしなかにはこの総量規制の対象外である融資も存在します。主に銀行系といわれている融資が該当し収入証明書すら不要であるというところもあるようです。しかし借り入れ金額がいくらであったとしても完全に収入証明書が不要であるというわけではなくもちろん制限もあります。

 

例えばその多くは借り入れ金額が50万円から100万円ほどまでとなっているのを目にすることができるのではないでしょうか。概ね収入証明書が不要である制限には借り入れ金額で左右されることが一般的なようです。消費者金融の場合ですと収入証明書不要なところはまずありませんのでこの点で借り入れ先を選ぶのであれば注意が必要といえるかもしれません。

 

もちろん銀行系であっても制限を超えてしまえば収入証明書の提出が求められますので参考にしてみてください。

 

 

収入証明書不要の限度額

 

カードローンやキャッシングを利用する際には様々な書類が必要となってくるために準備に手間がかかりがちと言えます。なるべくなら少ない書類で手間なくお手軽に借り入れを行いたいところですがなかには収入証明書が不要な融資が存在しているのをご存知でしょうか。

 

テレビのコマーシャルでお馴染みとなっている消費者金融での借り入れの場合ですとほとんどの場合が収入証明書の提出を求められます。これはなぜかというと消費者金融は賃金業法に則って営業しているために同じく賃金業法にて定められている総量規制の対象となっているからです。

 

総量規制の内容として借り入れを行う人の年収の三分の一までという制限となっているために収入がわからなければ賃金業法から見てお金を貸せる人なのかそうでないのかという判断がつかなくなってしまいます。一方消費者金融でなく融資を行っているところ、すなわち金融機関が提供している融資では総量規制の対象外となっています。

 

審査の判断基準としては返済能力が見られるために場合によっては収入証明書の提出が求められることがありますが逆にそうでない融資もあります。しかし収入証明書不要の融資がまったく制限がないのかというとそうでもなく例えば50万円以内の借り入れであれば収入証明書不要であると借り入れ金額によって制限が設けられています。

 

これは各金融機関によって制限となる金額は変わり最低のものでは前述にもあった50万円で高いものでは200万円までの限度額となっているところもあるようです。

 

キャッシング・カードローンの総量規制について!

 

消費者金融のキャッシングを選択するときには総量規制の限度額内で借入することが不可欠です。総量規制によって、融資の借入総額は、年収などの三分の一以内に制約されています。

 

これは消費者金融などのキャッシングが対象となり借入の残高が年収の3分の1を超えてしまった場合には、新たなキャッシングを活用することが不可能になります。この規制の限定となるのは消費者金融などの貸金業者です!

 

愛用者に対しての制限でないので、例えば年収の三分の一を超過して借りたからといって使う人が処罰されることはないです。

 

また、借入金が所得の三分の一を超過してたからといって、即座に三分の一に鎮まるように弁済をしなければいけないという結果にはなりません。 貸金業者とは、消費者金融業者やキャッシングのみのクレジット業者、キャッシングのみの信販業者が当てはまります。

 

なかには総量規制の対象外と金融機関があります。それは銀行のカードローンです!銀行は貸金業者ではないので銀行法というものが扱われます。それを受けて、規制の適応外となり、年収の三分の一でも融資を受けることが可能です!

 

しかし、だからと言って融資を受けるには審査があるので審査に通らなければ借入は出来ません!銀行の審査は消費者金融より厳しいので、限度額内でお金を借りるであれば消費者金融の良いでしょう!また銀行のカードローンや信用金庫のカードローンや農協のカードローンなどは、総量規制の対象外の金融機関となります!

 

 


REVIVAL JAPAN EARTH 即日融資 キャッシング ショッピングカート ページランク表示 カウンセラー サプリメントの選び方 即日融資カードローン PageLink 銀行融資 みつばち保険 評判 www.fundacaobetania.com www.shalixiong.com paintnitenyc.com 2008incometaxes.com http://www.linkvillas.com/ http://www.kitanoyado30.com/ http://www.onlineprogrammer.org/ http://www.ucmicrofinance.com/ http://www.reolifter.com/ http://www.yanghuangshan.com/